加入条件が同じでも保険料は各社さまざま

自動車保険の各社の違いは一括見積もりで簡単にわかります。

実際に自分の条件で各社の保険料を比較すると想像以上の違いに驚かされます。

◇一括見積もりで保険料を比較した例◇ ※30代/日産セレナ

AIU     88,900円(代理店型)   チューリッヒ  57,210円(通販型)
東京海上日動  77,480円(代理店型)   SBI損保   41,470円(通販型)

【条件】(年齢)本人:34歳男性・配偶者:33歳女性 (車種)日産・セレナC25 (年間走行) 15,000km (等級)16等級 (地域)静岡 (年齢条件)満30歳以上補償 (使用目的)通勤・通学 (免許証)ブルー (特約)夫婦限定 (付属装置)ABS・エアバッグ・低公害車 (車両保険)一般・免ゼロ特約あり


自動車保険 相場

この例では、ほぼ同じ補償内容で、最大4万7千円以上
率にすれば2倍以上の差が出ています。

このような保険料の違いの最大の原因は、各保険会社の中間コストの差です。
国の厳格な認可を受けた同格の保険事業でこのような差が出るのですから本当に注意が必要です。

安いからといってサービスの内容が落ちるわけではありません。
事故時の初期対応やロードサービスなどはむしろ安い通販型のほうが充実しているくらいです。


自動車保険一括見積もりは簡単な入力で一度に各社の保険料を知ることができます。

利用は無料ですが電話勧誘や加入義務の心配もありません。
毎年80万人以上が利用している安心の見積もりサービスです。


自動車保険 相場 自動車保険の一括見積もりは、どれも【無料】で安心して利用することができます。


※軽自動車は任意保険選びが特に重要
近年軽自動車が増えてきていますが、維持費の安いのがメリットである軽自動車の任意保険選びは特に大切になってきます。
軽自動車の保険料が普通車より高いだなんてシャレにもならないですからね。
軽自動車こそ一括見積りで各社をしっかり比較して、納得のものを選ぶようにしましょう。

相場が二分化してしまった(通販型と代理店型)

自動車保険 相場

一括見積もりによる保険料の比較例です。

保険料の安い方3社がいずれも通販型、高い方の3社が代理店型と、保険のタイプによってきれいに相場が分かれています。

自動車保険の保険料相場は、直接契約の通販型と、手数料マージンなど中間コストのある代理店型とに二分化してしまったようです。

しかも、その平均を比べると2倍近い差になっています。


20代独身の例(※保険スクエアbangの公式ページから)

■年間保険料(対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし)

      <通販型>
  • SBI損保    26,600円
  • アクサダイレクト 26,850円
  • チューリッヒ   32,340円
  •   平均     28,956円
      <代理店型>
  • 三井住友海上  50,520円
  • AIU     57,880円
  • 東京海上日動  57,930円
  •   平均    55,443円

●条件の詳細
【運転者(年齢)】本人(27歳男性) 【車種・型式】ホンダ・フィット GE6(初度登録年月:平成19年12月) 【年間走行距離】2,000km 【等級】11等級 【地域】福岡 【年齢条件】満26歳以上補償 【使用目的】日常・レジャー 【免許証の色】ブルー 【特約】本人限定 【付属装置】 ABS・エアバッグ・低公害車 【車両保険】なし


ほぼ同じ補償内容によるこの保険料の違いを見たら、
自動車保険を人任せにすることの怖さが分かるのではないでしょうか。

自動車保険の場合、ディーラーなど代理店の言うことをきいていれば間違いが無いという時代は終わりました。

事情があれば別でしょうが、法律上事故対応もできない代理店のマージンのために高い保険料を払うことについて、改めて考えてみるべきでしょう。

自動車保険 相場|一括見積もり利用者の口コミ

一括見積もり利用者の声

■保険スクエアbang!~は簡潔でバックナンバー豊富

保険スクエアbang!の「利用者の口コミ」は簡潔でとてもわかりやすく、バックナンバーも豊富です。(2007年分から掲載)

■インズウェブ~一つ一つにコメント付

口コミ情報がとても丁寧。利用者の声一つ一つに的確なコメントが付いていて適切にガイドしてくれます。

■カービュー~FAQがとても的確・親切

カービューは、FAQがとても的確・親切で、ここを見ればほぼ不安・疑問は解決するでしょう。特に不安がない場合でも眼を通しておいたほうがよいFAQです。


※車の話アラカルト

車の購入にローンが使われる割合は大体3割程度のようですね。
でも全体の数が膨大ですから自動車ローンの実数はかなりの数にのぼるでしょう。
ローンが残っている車を売却する人も結構多いみたいです。

一度の入力で複数社の相場が比較できる


一度の入力で複数社の相場が比較できる

自動車保険の相場を知るには各社を比較することが欠かせませんが、数多くの保険会社の多様な特色を持つ保険を一つ一つ比較するのは非常に大変な作業になります。

そんな時に役に立つサービスが「自動車保険一括見積もりサービス」です。

一括見積もりなら各社の相場比較が簡単・安心に行なうことができます。

ネットの自動車保険一括見積は、
・複数の会社から条件に合う最適な保険会社を絞り込むことができる
・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる
・メール又は郵送で回答が届くので簡単・便利
というメリットがあり、自動車保険の相場を知りたい、自動車保険を安くしたいという時に大変便利で強力な助っ人になる無料サービスです。

各保険会社の見積り資料によって行なう保険料の比較ほど安心で確実なものはありません。

愛車の保険更新の通知があったら、一度、一括見積サイトを利用して見てください。

同じ条件なのに、各社による保険料の相場の違いに驚くと思います。

同一加入条件なのになぜこんなに相場が違うのかという驚きや疑問が自分にとっての保険見直しのポイントを教えてくれるかも知れません。

■自動車保険の相場の各社比較は一括見積もりでOK!


自動車保険市場の完全自由化で、かつてのような各社ほとんど横並びのような状態はなくなり、自動車保険の相場といっても簡単にはわからなくなりました。

直接契約の通販型が登場し、リスク細分も普及し、今では簡単に全貌がわからないほど数多くの保険が販売され、競争しています。

中でも、ダイレクト販売、リスク細分による"安さ"を特徴にしてシェアを着々と伸ばしている通販自動車保険が台風の目になって、各保険会社は熾烈な競争を行なっています。

消費者にとっては選択肢が多くなりいいことなのですが、いざ現実に選ぶ場合になると、商品の数が多すぎてどれが自分に合っているのか簡単にはわからなくなりました。

自動車保険の一括見積もり無料サービスは、このような自動車保険選びの心強いサポートをしてくれ、今では各社の相場を知り賢い自動車保険選びを行なうために欠かせないサービスになりました。



自動車保険の相場を知りたいのなら一括見積もりサービスが欠かせない


今、毎年更新の時期になれば一括見積もりで一番安いところを確認し、任意保険の見直しや乗換を行なう人が増えているようです。

自動車保険一括見積もりは、一度の入力で多くの保険会社の見積もりを一覧付きで入手することができ、手元の資料で各社の保険料、補償内容、サービス内容などをじっくり比較することができます。

ビギナーが相場を知りたい場合、またできるだけ安い保険会社を知りたい場合には、自動車保険一括見積もりのネットサービスがピッタリです。

車の保険は、年齢、居住地域、車種、クルマの使用目的、年間走行距離、運転免許の色、安全装置の有無など、一人一人の加入条件によって違ってきます。

また、保険会社によって顧客ターゲットが違うことから、免許証の色であってもゴールド免許の割引をする所もあればと割引がないところもあるというように、割引やリスク細分の内容も会社さまざまです。

自分にピッタリの任意保険を見つけるためには、自分の加入条件でいくつもの保険会社の見積もりを比べてみることが欠かせなくなります。

でも、1社か2社ならまだしも、数多くの保険会社から見積もりを取るためには、膨大な時間と労力を要することになります。

このような時こそ一括見積もりサービスの出番です。

多くの保険会社の見積もりを一度の入力で一覧付きで取り寄せることができ、PC画面の一覧表で各社の保険料、サービス内容などをマイペースで比較・検討することができます。

また、一括見積もりのサイトでは、各社のロードサービスの詳細な比較、事故対応サービス利用者の体験談など口コミ情報も掲載されており、自動車保険選びの参考になります。



このページの先頭へ