自動車保険のおすすめ|価格で選ぶならSBI損保

自動車保険 おすすめ SBI損保

SBI損保の価格の安さはいくつかのランキングで証明されています。

◆週刊ダイヤモンド誌「自動車保険料ランキング」2年連続No.1
◆オリコン自動車保険満足度No.1

インターネットを最大限に活用し保険料の安さを実現しています。

SBI損保の自動車保険には他社と違う特色が2点あります。

・走行距離のリスク区分が無いので走行距離を気にしなくてよい
・ネット契約だと新規だけでなく継続でも保険料が一律6,000円割引になる


低価格の保険料がセールスポイントのSBI損保ですが
・24時間365日受付の事故対応
・専任スタッフによる示談交渉
・ロードサービスのメニュー
など必要なポイントは他の大手通販に負けないレベルが整えられています。

中でも初期対応サービス(平日、夜間、休日 9:00~21:00の間受付)は通販各社の中でも最高レベルです。
初期対応サービス…事故直後の相手方への連絡、病院への連絡、代車手配など)

オリコンの自動車保険満足度No.1はこのようなコストパフォーマンスの高さが反映されたものでしょう。

SBI損保のロードサービス

自動車保険 おすすめ SBI損保

SBI損保のロードサービスのメニュー

・レッカーサービス(最寄の指定修理工場まで距離無制限で無料)
・緊急対応サービス(バッテリー上がりなどに無料で対応)
・落輪引き上げ・引き降ろしサービス
・ガソリン補給サービス

これらのサービスが携帯電話のGPS機能を利用して行なわれるので、
見知らぬ場所で事故や故障にあっても迅速な救援が期待できます。


SBI損保のロードサービスはロードアシスタンス会社「㈱安心ダイヤル」との提携で行なわれており、
全国のロードサービス拠点は2009年8月現在で約7,000ヵ所です。

「代理店型の方が安心」は本当か?

代理店が事故対応を行うわけではありません!

専業「プロ代理店」であっても代理店が事故時のあっせんや仲介などをすれば法令違反になります。
意外と知られていませんが「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店系でも通販でも同じことです。

事故の時の代理店型のメリットは
あくまでも「アドバイスが受けられる」ということになります。


ネットで「代理店探しが何よりも重要」というコメントが多いのは、
アメリカなどと違って専業の代理店が10%しかない日本の現状が背景になっています。

「代理店の方が安心」というのは
20%の手数料に見合うプロ代理店に恵まれた場合の話だと考えるべきです。


同じ保険なのに代理店によって品質が違う?

ディーラーなど副業代理店はクルマのプロではありますが、保険のプロではありません。

代理店の質によってこれほど品質の違ってしまう高額商品が、
同じ値段で販売されていること自体が問題なのかも知れません。

損保会社でも過去の「代理店の粗製濫造」を反省して代理店の再教育などを行なっているようですが、
状況が簡単に変わることはないでしょう。


その点通販自動車保険のサービスは代理店の質に左右される心配がありません。

事故対応24時間365日受付、初期対応(病院、修理工場への連絡等)365日実施、ロードサービスなど
顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっています。

●保険会社の顧客ターゲットは各社によって違う

自動車保険のおすすめを、誰でも「これが一番のおすすめ」と特定できないのは、各保険会社の顧客ターゲットが同じではないからです。

現在自動車保険を取り扱う損保会社24社ほどありますが、仮に各社が同じようなターゲットで同じような保険の設計を行えば、一部の損保会社しか自動車保険の事業は成立しないでしょう。

損保会社によっては、あえて免許の色や走行距離で細分を行わず、ブルー免許の人や走行距離の大きい人でも保険料が安くなるようにしているところもあります。

つまり、「リスク細分で先行するアクサダイレクトがゴールド免許割引なら、うちはブルー免許の人が加入しやすいものにしよう」「航行距離による割引が他社の主流なら、うちは年間走行距離を気にしなくて良い自動車保険にしよう」などといった具合です。

したがって、どんな場合でも万人向けで八方美人の自動車保険は有り得ないということになります。

リスク細分がダイレクト系の保険料を更に安くしているといわれますが、それはリスクの小さい人の場合の話であり、リスク細分の仕方が細かくなればなるほど、リスク要素の多い人の保険料は高くなるはずです。

自分にとってのおすすめの自動車保険をみつけるためには、自動車保険選びで自分が何をもっとも重視するのかをはっきりさせることでしょう。

そうすれば、自ずとそのポイントに沿うおすすめの自動車保険が見えてくるでしょう。


※ちょっとお耳を拝借
使いべりのしない軽トラック。新車よりもむしろ中古の方が需要が多いかも。
全国どこでも軽トラックの中古は欲しい人が多く品薄状態のようですよ。

このページの先頭へ